ガラスコーティングの撥水性を維持する為の3つのポイント

撥水性があるカーコーティングは、車の見た目に関わる大きなメリットはあります。やはりウォータースポットやクレーターなどの塗装の問題点が発生しづらくなるメリットは、とても大きいです。
ところでカーコーティングには、寿命もあります。確かにそれを施行したばかりのタイミングでは、大きな撥水効果も発揮される事は多いです。ところが日数が経過すれば、効果も薄くなってしまう訳です。やはり耐用年数が存在するのは、ある程度仕方がありません。
ですが、それも普段からのお手入れ次第です。適切なお手入れを心がけていれば、それなりに効果を高める事もできます。
ガラスコーティングの撥水性を維持させる為のポイントは、主に3つあります。まず1つ目ですが、洗浄を行う頻度です。
そもそもカーコーティング後にも、洗浄自体は行う必要があります。全く車を洗浄しないのも、カーコーティングの撥水力を弱くする原因になるからです。
しかし、それにも頻度の問題があります。あまり頻繁に洗浄を行うのは、よくありません。
車に対するワックスを用いている方々などは、1週間に1回くらいの頻度で洗車を行っている傾向はあります。確かにワックスならば、それくらいの頻度が適切です。
ところがガラスコーティングの場合は、話は大きく異なります。というのも洗浄回数があまり多すぎると、コーティングに対する負担が大きくなってしまうからです。
思えば人間の体も、同じような一面があります。確かに体を清潔にする事も大切ですが、むやみに洗いすぎてしまうのも、また問題があります。かえって皮膚の表面が乾燥しやすくなってしまう事が多いです。
そして頻繁すぎる洗浄も、やはりカーコーティングを傷付けてしまう訳です。洗浄するのはせいぜい1ヶ月に1回程度にとどめて、できれば水洗いだけに限定するのが望ましいでしょう。
他にもポイントがあります。虫などは注意を要するのです。
やはり車を使っている以上は、虫などが車体に付いてしまう事はあります。植物が多い場所などで車を走らせますと、自然とそれが付着してしまう事も多いです。また鳥のフンなども、たまに付いてしまう事があります。
そういった付着物は、できるだけ早めに取り除くのが望ましいです。それが車体に付いたまま放置してしまいますと、撥水性に関する問題点も生じやすくなります。
またカーコーティング自体にも、それなりに負担が生じてしまうのです。耐用年数が短くなってしまう事もありますから、虫などは速やかに取り除くのが望ましいでしょう。
そして3点目ですが、メンテナンスの頻度です。多くの方々は撥水性があるカーコーティングを、専門業者に施工してもらっている傾向があります。焼き付けなどの作業も行ってくれますし、専門業者は大変便利です。
しかし業者に作業を行ってもらった時には、それなりの頻度でメンテナンスも受ける方が望ましいです。たいていのお店では、1年に1回などの頻度でメンテナンスを受けるべきと宣伝しています。それは実際その通りです。逆にメンテナンスの頻度が少なすぎるのは、もちろん望ましくありません。3年に1回などの頻度では、さすがにカーコーティングの撥水力が弱くなってしまう傾向はあります。
ちなみにメンテナンスは、頻度多く受ける分には問題ありません。人によっては1年に1回などでなく、3ヶ月に1回くらいの頻度で、専門業者に状態確認を行ってもらっています。
そこまでの頻度は少々難しいにしても、できる限り細かくメンテナンスを受ける方が良いのは確かです。明らかに撥水力が高まるからです。
つまり洗浄頻度と虫の状況とメンテナンスという3点が、ガラスコーティングの撥水性を左右する訳です。水を弾く性能をできるだけ長持ちさせたい時には、その3点を心がける方が良いでしょう。

PR|看護師 転職|看護師求人ランキング|ネットショップ 開業|お小遣いNET|看護師 募集|海外バイナリーオプション|エステサロン|FX 為替|看護師求人|育毛剤|METRO LINK|FX 自動売買ソフト|Page Rank KING|人気サイト|白鳥自動相互リンク集|副業ランキング|www.fudanren.com相互リンク集|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|RANKERS