自力でホイールコーティングを行う時の流れと専門業者のメリット

自力でホイールコーティングを行う時の流れと専門業者のメリット
ホイールに対するコーティングは、実は自分で行う事も可能です。現に車の持ち主としては、それに大きなメリットを感じている事もあります。
確かに専門業者に、ホイールコーティングを行ってもらう手段もあるのです。しかし専門業者ですと、やはり費用も高く付いてしまう傾向があります。それよりは自力の方が、確かに費用も抑えられる事は多いのです。
では自力でコーティングを行う時の流れはどうなるかというと、まずは洗浄をしっかり行う必要があります。やはりそれが中途半端ですと、コーティングの効果が減少してしまう可能性もあるからです。
そもそも車の本体に対しても、たまにポリマーのコーティングが行われる事もあるでしょう。光沢感を高める目的なのですが、それを行った後に、かえって汚れが目立ってしまう事もあります。汚れの除去が不十分だからです。同じくホイールも、やはり汚れの除去が不十分なのは良くありません。
ですからホイールに対しては、まず専門のクリーナーなどを使って、しっかり汚れを除去する必要はあります。もちろんクリーナーで洗った後には、しっかりと水分も乾燥させる必要があるのです。このため洗浄時に温風などを当ててあげるのも、一応有効ではあります。
それでしっかりと水分が除去できたら、いよいよ専門のコーティング剤を使っていく事になります。それでコーティング剤を使う際には、基本的には2段階になるのです。
まずはコーティング剤を1回だけ、1つのフレームに対して塗っていく事にはなります。この時に、フレームを1つ1つずつ作業する方が良いでしょう。一気に多くの箇所に作業をしようとすると、どうしても塗りムラなどが発生しやすくなるからです。それでは仕上がりやコーティングの効果が悪くなってしまうことがありますから、あくまでも1本1本ずつコーティングする必要があります。
それで一旦コーティング剤を付けたら、しばらくは待機する事になるのです。1回目に付けたコーティング剤が、ある程度乾燥するまで待つ必要があるからです。
もちろんしばらく時間が経過すれば、コーティング剤は乾いてくれるでしょう。そのタイミングで、改めてもう1回ホイールコーティングを行っていく事になります。つまり、基本的には2度塗りを行う訳です。
それで再度乾燥をすれば、コーティングは完了になります。もちろん乾燥するまでは、車に乗るべきではありません。乾燥が不十分な状態ですと、肝心のコーティング剤の効果が薄れてしまう可能性があります。あくまでもしっかり乾燥が完了してから、車の運転をするべきなのです。
こういった流れになりますから、総じて乾燥が1つのポイントになるでしょう。ここで言う乾燥というのは、コーティング剤だけでなく水も含めての話になります。どちらも乾燥が中途半端ですと、コーティング剤の効果が薄れてしまう事が多いので、注意が必要です。
ですから自力のホイールコーティングは、それなりに手間を要する一面があるのも確かです。特に中古のホイールに対するコーティングを行うなら、しっかりと洗浄する必要もありますから、若干面倒だと感じられる事もあるでしょう。
あまり手間をかけたくないと思うなら、やはり自力より専門業者の方がおすすめとは言えます。確かに専門業者に任せる時には、費用も発生する事にはなりますが、そもそも業者なら焼き付けを行ってくれます。コーティング剤を塗った後でも、専用のブースなどにホイールを入れることにより、かなり作業時間を短縮する事も可能だからです。もちろんホイールに対する洗浄作業なども、専門業者が代行してくれます。ですから労力はできるだけ抑えたいと思うなら、やはり専門業者がおすすめではあります。