自分でガラスコーティングを施工してみる

自分でガラスコーティングを行う場合には、車の洗浄からはじめます。
きちんと洗剤で水洗いをした後には、水分をきちんと拭き取り、ピッチや鉄粉を取り除いていきます。
鉄粉などを取り除いた後には、専用の脱脂剤などを使って脱脂を行い、その後に戦車を行って洗剤を取り除きます。
施工を行う時には、できるだけ風の吹かない穏やかな日を選び、庫内でできれば最適な環境といえます。
コーティングの基本は下地にあるといっても過言ではありません。
そのため、塗装面をきちんとクリーニングを行うことが重要となります。
この下地をできるだけ本格的に行う場合には、電動のコンパウンドマシーンを使って磨いていくとよいでしょう。
全体の磨きが終了したら、洗車を行い、コーティングを固着させない部分をマスキングテープで覆っていきます。

コーティング剤は、30~40センチ四方程度を塗り上げていくことが大切です。一度に広い面積を塗りのばすと、失敗の確率が高くなってしまいますから、注意しましょう。