車のガラスコーティングのメリットとは

車のガラスコーティングのメリットには、塗装の表面を、ガラス質の被膜で覆うことで、酸化や傷などから車を守り、さらに艶を持続させることができるとして、近年では主流となっています。
元々、車の塗装は、3~4層の塗装がされていますが、この塗装の上にガラスコーティングを施すことで、酸化や傷などから塗装を守り、艶を長持ちさせることができます。

車のコーティングというと、ポリマー系のコーティングが主流でした。ポリマー系のコーティングは、施工がしやすく、艶を強く出せるということから人気がありましたが、油脂成分が多く、被膜が柔らかいため、長時間持続させることが難しく、定期的にメンテナンスを行う必要があるというデメリットもあります。
一方、ガラスコーティングは、被膜が硬く、劣化しにくい為、長時間持続させることができるということから、近年主流となってきています。ガラスコーティングの最大にメリットとしては、艶の持続性にあります